期間について

男性弁護士

手続きと支払いにかかるスパン

親しい家族や友人、恋人にも相談しにくい個人再生は一般的に詳しい情報が知られていないでしょう。特に、弁護士に個人再生の依頼をしてからどのくらいで確定するのかなど不明点が多くあります。実は、個人再生が完了するまでの期間は個人差がありますが、4ヶ月で完了するケースもあれば、6ヶ月もかかってしまうケースもあります。特に、手続きに1つでもミスがあった場合は最初から書き直しになる場合があるので注意しましょう。このように、短期間で手続きが完了できない可能性も十分にあるので、早く手続きを終えたいなら早めに弁護士に相談するのがベストです。また、個人再生が許可された後、返済の期間もおおまかですが決まりがあります。例えば、基本的に返済期間が3年と定められているので、3年よりも短くすることはできませんし、伸ばすこともできない場合があります。しかし、返済期間中に怪我や病気などをして返済が不可能と裁判所で判断された時は、長くて2年も期間を伸ばすことができるようになっています。他にも、訳あって養っている家族が複数いる場合などは返済期間を2年に伸ばすことが可能となっていますよ。このように、理由をきちんと説明すれば融通がきくので、まずは弁護士を頼りにしておくのが先決です。そうすることによって、個人再生が許可されてからの生活の負担を軽減することができますし、将来のビジョンを自ら立てる力を培うことができるようになるでしょう。

Copyright© 2018 借金を軽減したいなら個人再生がベスト!弁護士に即相談 All Rights Reserved.