メリットとデメリット

相談

依頼する前に

ドラマでもよくあるワンシーンですが、借金をすると取り立て屋が電話をしつこくかけてくるというシチュエーションがありますよね。それは現実でも弁護士に依頼して個人再生をする前は債権者から取り立ての電話が鳴ることが多々あります。それがトラウマになる方も少なくありません。しかし、弁護士に依頼してからそういった行為を行なうと債権者が罰せられることがあるので催促がなくなります。ですので、弁護士に依頼するだけでも精神的に落ち着きを取り戻せるようになるでしょう。他にも、自己破産をする場合は免許や資格が一時的に停止させられてしまうので、仕事に就けない場合があります。しかし、個人再生の場合はそういった措置が取られないので、今までやっていた仕事を続けられますよ。このようにメリットがあるので、少しでも借金を減らしたいなら個人再生の手続きをするといいでしょう。ですが、メリットもあれば当然のようにデメリットもあります。例えば、信用情報にブラックリストとして名前が載ってしまうので、銀行などからお金を借りることができません。しかし、5年から10年前後でブラックリストから名前を排除できる場合もあります。そして、官報で名前や住所、個人再生をした理由などが公開されてしまいます。ただ、その場合でもよっぽどのことがなければ近所の方や会社に知られることがないと言えるでしょう。このように、個人再生にもメリットだけでなくデメリットがあることを熟知してから手続きに踏み切るのが利口です。

Copyright© 2018 借金を軽減したいなら個人再生がベスト!弁護士に即相談 All Rights Reserved.