流れを見ておこう

ジャッジガベル

手順について

弁護士に依頼したいけれど、弁護士に依頼するというシチュエーションはほとんどないので、何から手をつければいいか分からないという方が多くいることでしょう。その場合、事前に手続きの流れを把握して個人再生の手続きをスムーズに進められるように今のうちに覚えておくといいですよ。まず、個人再生をするためには弁護士事務所に行き、受任契約を交わします。そうすることによって、今まであった催促が嘘のようにピタッとなくなります。それから、取引履歴の開示請求や利息の再計算などが始まります。それが全て完了したら、個人再生の申立書類準備をします。その書類には難しいことが書かれているので、理解するのに苦労してしまいます。しかし、多くの場合はスタッフがアドバイスをくれるので、頭を悩ませることなく手続きが完了するでしょう。そして、この手続が終わったら、手続きの申し立て、手続きの開始決定、計画案を提出、などが全て完了してから始めて個人再生が適用されます。この時に認可が許可されなかった場合は個人再生ができなくなってしまうので、注意が必要です。聞き慣れない単語や見慣れない書類でパニックになることがるでしょう。そうなる前にパートナーである弁護士にすぐ相談をすれば問題を早く解決することができますよ。また、個人再生の方法は弁護士事務所によって異なるので、事前にどのような流れて手続きをするのか確認しておくと不安を解消できるようになるでしょう。

Copyright© 2018 借金を軽減したいなら個人再生がベスト!弁護士に即相談 All Rights Reserved.